どういう子が個別指導塾の方が合うのか

勉強が苦手なお子さんにおすすめ

個別指導塾は文字通り、生徒と講師が1対1で授業を行うスタイルの塾です。個別指導塾はどのようなタイプのお子さんに向いているのでしょうか。個別指導塾が向いているのは勉強への意欲が少ない、意欲はあってもなかなか学校の授業についていけないお子さんです。勉強すること自体に苦手意識を持っているお子さんの場合、多くの生徒が一緒に授業を受ける集団塾だと学校の延長線上となり、おしゃべりに夢中になってしまう危険性があります。他の生徒とは顔を合わせず授業となる個別指導塾であれば、勉強が苦手なお子さんも授業に集中せざる負えません。個別指導塾であれば、生徒が苦手とするジャンルに集中して授業を行うことも可能です。勉強が苦手なお子さんでも、効率的に学べるのが個別指導塾の魅力と言えます。

恥ずかしがり屋さんにも向いている

勉強をする意欲はあるけれど、少し性格が消極的で恥ずかしがり屋さんというお子さんにも個別指導塾は向いています。学力をアップするには、自分が分からない所を把握して、講師に質問するなど勉強に対する積極的な姿勢が必要です。恥ずかしがり屋さんの性格のお子さんの場合、たくさんの生徒がいる集団塾だと分からない所があっても、質問するのに恥ずかしさや抵抗を感じて質問することができません。すると、分からない所がそのままとなり、苦手なジャンルが増えてしまうのです。個別指導塾であれば他の生徒の視線を気にすることなく、自分のペースで講師に質問することができます。無理なく授業が受けられるため、学習効率もアップするでしょう。

大学受験はそれまでの塾指導とは異なり、学力向上だけでなく、個人個人に見合った受験対策が必要です。受験生本人と一対一で向き合う大学受験の個別指導に効果があります