個別指導塾と集団塾の違い

個別指導塾の特徴とは

少人数で指導を受けられるスタイルが個別指導塾の特徴です。2人から3人、時にはマンツーマンで指導を行うため、より一人ひとりに合わせた指導を可能としています。そのため、授業や集団塾にありがちな、自分はわからないのに淡々と先生の解説が進んでいくという事態も避けられるでしょう。苦手な科目にも集中して取り組むことができるため、長所を伸ばす以上に短所を補いやすい塾スタイルです。また、生徒一人ひとりの個性に合わせた授業も可能になります。元々質問をするのが苦手な生徒だったり、どうしてもわからない問題に延々と取り組み続ける生徒など、徐々に生徒の個性を先生も理解していけるため生徒を置いてけぼりにすることがありません。

集団塾が持つ特徴とは

周囲に多くの生徒がいるため、切磋琢磨しながら学習を進めることのできる塾スタイルです。自分のペースに合わせて授業が進むわけではないので、一定の授業内容に関する理解が必要となりますが、その点をクリアしているのなら学校で習っている部分より先までどんどん授業内容を勧めていけるでしょう。また、先生も一人ひとり全員につきっきりになることはできないので、わからない部分は自分で質問をするか時間外で学習を進める必要があります。そのため、全体的に学習に対して意欲の高い生徒に適している塾でしょう。また、塾によって長所が異なる点も特徴です。受験情報に強い塾であったり、授業内容に定評のある塾など、状況に合わせた塾選びが必要になります。